機能面が充実しているドレープカーテン

部屋の印象を左右することもあるカーテンは、デザインもさることながら機能面に注目して選ぶと様々な効果を得ることができます。中でも厚地でヒダのあるドレープカーテンは機能性が高く、用途に応じたカーテン選…

繊細な柄を楽しめるレースカーテン

お部屋のインテリアの一部としてもこだわりたいのがレースカーテンですよね。イメージでは白を思い浮かべてしまいますが、お店やインターネットで見ると、色展開も豊富でかわいいデザインがたくさんあります。高…

カーテンを清潔に管理するための工夫

長く使っているカーテンは次第に汚れて色合いが悪くなります。汚れの多くは空気中の埃やタバコのヤニ、湿気で生じたカビです。定期的に洗濯を行って清潔にする他、汚れ防止の加工も効果的な工夫になります。

縦方向に開閉するシェードカーテン

シェードカーテンとは?

一般的なカーテンは左右に開閉させますが、シェードカーテンとは上下に昇降させるカーテンのことです。左右に開閉させなくていいためにヒダが必要ありません。シェードカーテンはすっきりとした印象で、お部屋も広く見えます。小さな窓にもよく似合います。またヒダがないために布地の風合いや柄をより楽しむことができます。柄物のシェードカーテンならタペストリーのようにもなるため、インテリア性も高いです。 シェードカーテンと似ているものでロールカーテンというものもあります。ロールカーテンは生地を巻き上げて使うものです。この二つは布地を下ろしたときの見た目は似ていますが、上げたときが異なります。シェードカーテンは生地を畳み上げるような見た目で、ロールカーテンはくるくると巻き上げるものです。

シェードカーテンのメリット

例えば日中に部屋で寛いでいるときに、太陽の反射でテレビ画面が見にくかったり、日光が差し込んでソファが暑くなったりするときがあると思います。そんなときにカーテンを閉めるとお部屋の中まで暗くなってしまいます。しかしシェードカーテンなら上下の開き具合を調節できるので、直射日光を避けつつ、光を取り入れることができます。 ロールカーテンも同じように光の入り具合を調整できますが、シェードカーテンは基本的にカーテンと同じ生地で作られているのに対し、ロールカーテンは専用の布地で作られているものが多いです。シェードカーテンなら、大きな窓は通常のカーテンで小窓には同じ柄のシェードカーテンをつけるなど、部屋のカーテンの生地を合わせることができます。

プライバシーを守るミラーレース

カーテンは強い日差しから部屋を守るのに役立ちますが、分厚いカーテンを昼間も閉めたままにしておくと部屋も暗くなりますし、外の様子を窓から確認することができません。そこで、昼間はレースカーテンが使われ…

光をシャットアウトする遮光カーテン

住居のプライベートを確保するために、カーテンは非常に使い勝手の良いアイテムです。一般的には、家の外から部屋の中が見えないようにするために用いられるケースが多いのですが、カーテンの役割はそれだけに留…

紫外線を通さないUVカット加工カーテン

紫外線は屋外だけでなく、室内にいても降り注いできます。室内でも日焼け止めを塗るのはもちろん、よりお肌へのダメージを少なくしたいのであればUVカット加工カーテンの利用がおすすめです。UVカット加工カ…