外からは見えづらいのが特徴

カーテンは強い日差しから部屋を守るのに役立ちますが、分厚いカーテンを昼間も閉めたままにしておくと部屋も暗くなりますし、外の様子を窓から確認することができません。そこで、昼間はレースカーテンが使われることが多くなっていますが、レースカーテンは外から部屋の様子が見えやすいという欠点もあります。明るさを確保しながら、外からの視線を防ぐのであればミラーレースカーテンが向いています。見た目は普通のレースカーテンに似ていますが、特殊な糸と織り方を採用することで、外からは部屋の様子が見えないようになっています。外からは見えないものの、中からは外の様子はある程度確認できるようになっています。目が詰まっていますので、通常のレースカーテンよりは風通しは悪い傾向にあります。

紫外線カット効果が高い

ミラーレースカーテンは、プライバシーを守りやすいことはもちろん、通常のレースカーテンに比べて紫外線カット効果が高いことも魅力です。
部屋の家具やインテリアの色あせを防ぐことができますし、窓辺で過ごしているときも肌への負担を防ぐことができます。しかも、通常のレースカーテンに比べて遮熱効果や保温効果が優れているものも多く、冷暖房の効率が良くなるのもメリットです。ミラーレースカーテン特有のギラギラした感じが苦手という人もありますが、最近はよりギラギラ感を抑えたタイプも登場しています。太陽光を反射することで目隠し効果がありますので、曇りの日や夜は部屋の中が昼間よりも見えやすくなります。夜でも外から見えにくいタイプもありますが、その場合は、内側からも外の様子が見えにくくなりますので、そのことは理解しておきましょう。