遮光カーテンとは何か?

住居のプライベートを確保するために、カーテンは非常に使い勝手の良いアイテムです。一般的には、家の外から部屋の中が見えないようにするために用いられるケースが多いのですが、カーテンの役割はそれだけに留まりません。数あるカーテンの中でも、特に高いニーズがあるのが遮光カーテンであり、これは文字通り、外部から室内に差し込んでくる太陽の光を遮るように作られているものです。一般的なカーテンは、多少は日光を遮る効果はあるものの、せいぜい室内が薄暗くなる程度で光を完全に防ぐことはできません。遮光カーテンを使えば、ほぼ100パーセント近く光を遮れるため、例え真夏の日中であっても、室内を真っ暗にすることができるのです。

遮光カーテンの用途とは?

遮光カーテンは、外部からの光を遮断する機能を備えたものなので、基本的には室内を暗くするために使用するのが一般的です。例えば、昼間でも部屋を暗くしてプロジェクターで映画を見たいというような場合に使うのにはぴったりでしょう。また、写真が趣味の人だと、フィルムを現像するための部屋を暗くするのにも遮光カーテンは必須のアイテムです。さらに、遮光カーテンの使い道は部屋を暗くするだけではありません。光と共にそれがもたらす熱が室内に入り込むのを防ぐ効果も期待できるため、西日がきつい西向きの窓に取り付ければ、真夏の室温の上昇を大幅に抑制できるのです。室内にある衣類や畳が受けるダメージも軽減できるので、西日で悩んでいる方は導入を検討してみると良いでしょう。