UVカット加工カーテンの効果

紫外線は屋外だけでなく、室内にいても降り注いできます。室内でも日焼け止めを塗るのはもちろん、よりお肌へのダメージを少なくしたいのであればUVカット加工カーテンの利用がおすすめです。UVカット加工カーテンは名前の通りUVカットをしてくれ、商品によってはUVカット率が80~90%といわれています。UVカット加工カーテンは通常のカーテンと同じく、カーテンレールにつるすだけです。カーテンレールがない小窓でも、突っ張り棒さえ用意すれば簡単にUV対策ができるのも魅力です。また、UVカット加工カーテンはレースカーテンなので利用してもお部屋が暗くなることはありません。UVカット率が高くなるほど紫外線を通さなくなるので、室内でも安心して過ごせそうですね。

UVカット加工カーテンの選び方

UVカット加工カーテンを選ぶときは、自分がどの程度紫外線をカットしたいのかによって選びましょう。UVカット効果が期待できるといわれているのが、UVカット率80%以上のカーテンです。カット率の数字が高くなるほど、室内に挿し込む紫外線が少なくなっていきます。ただしUVカット率が高くなるほど、レースカーステンの透け感が少なくなります。80%ほどのカーテンはレースカーテン本来の透け感を感じることができますが、90%以上のものになるとレース本来の透け感が少なくなってしまいます。レースの透け感よりもUVカットを優先したいという場合は90%以上のカーテンで問題ありませんが、レースの透け感も楽しみたいという場合は80%ほどのカット率のカーテンを選ぶようにしましょう。